専業主婦でもかりられるカードローンは電話なしで家族にばれません

平成22年に、総量規制という制度が設けられました。この制度により、前年度の年収の3分の1以上を消費者金融が貸付することが法的にできなくなりました。ですから、現在専業主婦の方は消費者金融からの借入ができません。ただし、総量規制の対象は、貸金業法で規制されている信販・クレジット系カードローン、消費者金融系カードローンになりますから、銀行法に基づいて貸付業務を行っている銀行のカードローンでしたら、総量規制の対象外になります。つまり、銀行でしたら、専業主婦でもかりられるというわけです。しかし、銀行ならどこででも貸付してもらえるわけではありません。やはり、収入がないことが理由で専業主婦でもかりられる銀行は限られています。銀行によって、貸付条件が変わってきますので確認をして下さい。年金受給をしていたり、家賃収入などがある主婦ならOKというところもあれば、全く何も条件なしで貸付してもらえるところもあります。配偶者の収入証明書の提出の必要もありませんから、家や会社への電話なしで借入できます。電話なしということは、ご主人や家族に内緒で借入できるということです。志専業主婦には嬉しい限りです。