専業主婦でもかりられるカードローンは分割返済も可能です

個人の多重債務が問題となった時期があります。借金を返済するために新しく借金を繰り返し、いつの間にか膨大な額になってしまうという問題です。これを防ぐために政府は「総量規制」という制度を設けました。これは簡単に言ってしまえば所得の3分の1までしか借り入れができないということです。
このために所得のない主婦の方は夫の承認、年収の証明、婚姻の証明の3つの書類がなければ借り入れができなくなりました。
当たり前といえば当たり前なのですが、専業主婦でもちょっとお金が欲しい時や緊急にお金が欲しい時があります。
そんな時はどうしたらいいのでしょうか?
その場合はぜひ銀行のカードローンを利用してください。専業主婦でもかりられる制度です。この場合は上記のような3つの証明は必要ありません。また緊急の場合はネットなどで申し込むとその日のうちにカードが発行され、借り入れができることもあります。
返済は分割返済も可能。月々3000円程度でも返していくことができますので、家計のやりくりをしながら無理なく返済できます。
専業主婦でもかりられるカードローン。いざという時のために作っておいてもいいかもしれませんね。