専業主婦でもかりられるカードローンとは(ブラックOKなどは危険のサイン)

2010年6月に定められた総量規制という法律により、借金は年収の3分の1までと決められました。
これにより、収入のない専業主婦は必然的に借金ができないということになり、一時マスコミにも取り上げられ、話題になりました。

しかし、家計を預かることが多い主婦の方が、お金に困ったときにお金を借りられないというのは、本当に困りますよね。
だからといって、『ブラックOK』などと書かれているヤミ金などからは、絶対に借りないでください。

このような危ない貸金業者を利用しなくても、専業主婦でもかりられる方法はちゃんとあるんです。
『銀行系カードローン』という言葉、聞いたことありませんか?
銀行系カードローンは総量規制の対象にはなっていないため、配偶者の年収をもとに借り入れを申し込むことができるんです。
さらに、配偶者の同意書や年収証明書も必要ないので、配偶者に内緒で借りることも可能です。

このような方法を利用すれば、安心して専業主婦でもかりられるので、間違っても危ない貸金業者から借金することはやめてくださいね。